芸能人・有名人

村上佳菜子の実家はうどんの会社で父親が社長!?母は薬剤師で姉が美人!

村上佳菜子の実家はうどんの会社で父親が社長名古屋!母は薬剤師や姉は?

元フィギュアスケーターで、現在はフィギュアスケートの解説やタレントとして活躍されている村上佳菜子(むらかみ・かなこ)さん。

村上佳菜子さんのご実家はうどんの会社を経営されていて、お父さんが社長さんのようです。

お姉さんは元スケート選手の美人さんで、お母さんは薬剤師の資格があるのだとか。

今回は村上佳菜子さんのご家族について詳しく調べてみました。

村上佳菜子の実家はうどんの会社?!父親が社長で場所は名古屋?

村上佳菜子さんの父親の顔画像はこちらです。

インスタには「パパとvivi」と書かれていました。

とってもハンサムで優しそうなお父さんですね!

村上さんはお父さんのことを「パパ」と呼んでいるんですね。

村上佳菜子の実家は会社経営

村上佳菜子さんのお父さんは、食品会社を経営し、社長をされています。

村上佳菜子さんのご出身は名古屋なので、名古屋名物の『味噌煮込みうどん』『きしめん』をメインにされているお店で、おそらくは、『ホテーフーヅ株式会社』ではないかと言われています。

理由は二つあります!

  • 代表取締役社長の名前が村上佳菜子さんと同じ「村上」であること
  • 以前、会社のホームページに村上佳菜子さんの画像が出ていた

現在は、ホームページにの村上さんの画像は削除されているようですが、これはかなり濃厚な説ではないでしょうか。

ホテーフーヅ株式会社のことを軽くご紹介します。

昭和37年5月に創業された食品会社。

代表者は村上祐城さん

従業員数は社員が8名、パート・アルバイトが79名。

現在はショッピングセンターのフードコートできしめんなどのご当地グルメが得意な主に麺類のお店を展開。

また、お好み焼きや焼きそばなどの焼き物販売店なども展開しています。

名物は「もちもちうどん」と「幅広きしめん」とのこと。

【公式HP】https://www.hoteyfoods.com/kaishaannnai

場所はこちら↓

村上さんは、今はタレントとして活躍し、収入はご自身で稼がれていますが、フィギュアスケートを始めるには相当のお金がかかったと思われます。

フィギュアスケートは、年間平均500万円ほどかかる習い事と言われています。

お父さんは村上さんがプロとして活躍されるまでは、金銭面で大いにバックアップしていたのではないでしょうか。

そのため、村上佳菜子さんのご実家はとても裕福な家庭といえるでしょう。

村上佳菜子さんのお父さんはスケートを始めることに関して、何も言わずに見守ってくれていたそうですよ。

優しいお父さんですね。

村上佳菜子さんのインスタグラムでは、お父さんの若い頃の写真を公開されていました。

渋くてかなりのイケメンだったようですね!

フォロワーからも「かっこいい」「ステキなお父様」などの反響があったようです。

村上佳菜子はお父さんと仲良し!

村上さんのインスタグラムには、ペットのキャバリアキングチャールズスパニエルの愛犬(ViViちゃん)とお父さんとのツーショットが度々登場します。

ハッシュタグには「#パパっ子」「#パパラブ」と書かれてあることから、相当の仲良し親子であることがわかります!

ViViちゃんとお父さんが一緒にお散歩されている癒し動画まで上がっています。

そんな村上さんはお父さんのことをとても信頼されていて、分からないことはあればすぐ相談されているそうです。

父は会社を経営していて、交友関係も広いんです。

私は子どもの頃からスケートを練習していい演技をするためだけに生活してきたから、当たり前のことを知らないことがあります。

4年前に現役を引退して社会人になってから、父に郵便物の宛名の書き方といった礼儀を教えてもらいました。

引用:東京新聞

「今でも分からないことがあると、すぐ父に連絡して相談しています。」と語っていた村上さん。

家族の中では静かに優しく見守ってくれているような位置にいるお父さん。

そんな心の広さが家族からの信頼度もバツグンのようです!

スポンサーリンク

村上佳菜子の実家の家族構成は?

村上佳菜子さんの家族構成は父、母、姉、村上佳菜子さんの4人家族です。

  • 父:村上祐城さん?
  • 母:非公開
  • 姉:村上友季子さん
  • 本人:村上佳菜子さん

では、お母さん、お姉さんを詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

村上佳菜子の母親はどんな人?

村上佳菜子さんのお母さんは一般人の為、お名前は非公開のようです。

村上佳菜子さんの母親は薬剤師

村上佳菜子さんのお母さんは、かつて薬剤師として働いていたそうです。

薬剤師といえば、難関の国家資格なので、とても優秀な方ですよね。

ですが、村上さんのスケートを始める際に自分もどハマりし、練習場への送迎や、村上さんのコーチである山田満知子先生のお手伝いもするようになったそうです。

「ドーピング」「整体」の知識や技術を身につけるなど、フルで村上さんに付きっきりだったと考えると、途中からは専業主婦かもしませんね。

また、お母さんは、「プロになりなさい」と一切言わなかったそうです。

あくまで村上さんの意思を尊重して、裏方のサポートに徹していたのでしょうね。

村上さんはインスタグラムで、幼い頃の自分と山田満知子コーチとのツーショット写真を公開されていました。

こんな小さな頃から山田コーチのお手伝いをされていたお母さん、コーチのサポート役までこなすなんて優秀すぎます!

母親がお金を管理していた

村上佳菜子さんの選手時代は、お金の管理はお母さんがしてくれていたそうです。

お金の管理をすべてお母さんに任せっきりだったため、村上さんは衣装代などにどれぐらいかかっているのかを現役時代は知らなかったのだとか。

引退後に自分でアイスショーなどに出るようになってから、衣装代の高額な金額に大変驚いたそうですよ。

もちろん、他にも「コーチに支払うお金」「遠征の旅費、滞在費」などなど様々なところで多額のお金がかかります。

村上さんは現在も総額を知らないようですが、ここまでしてくれていたお母さんに対し、

村上佳菜子さん
村上佳菜子さん
自分の子供には(お母さんと同じことを)できないかもしれない」

と語っていました。

お母さんはアクティブでチャレンジする人

また、村上佳菜子さんさんのお母さんは、元気な村上さんの上をいくほどアクティブな方のようです。

そのため、村上さんは、お母さんのことを「落ち着きがないな」と思っていた時期もあるそうです。

ですが、東京で一人暮らしをするようになってから、だんだんお母さんの良いところが見えてきたのだとか。

お母さんは、現在も和菓子の練り切りの資格を取るなど、新しいことに挑戦し続けていて、好奇心が尽きないようです。

村上さんはインタビューで母親についてこう語っています。

「興味あることに没頭でき、新しいことに踏み出すことを恐れないのは、すごいと思っています。

自分も母のようにチャレンジを続け、楽しい家族をつくっていきたい。

『失敗してもいいからいろんなことに挑戦したい。』

この感情は母から受け継いでいるんだろうと思います。

引用:東京新聞

村上さんにとってお母さんの存在はとても大きな影響を与えたようですね。

スポンサーリンク

村上佳菜子の姉は元スケーター!現在は?

村上さんのお姉さんは6歳上で、お名前は村上友季子(むらかみ・ゆきこ)さんです。

村上佳菜子さんが1994年生まれなので、姉の友季子さんは現在34歳ですね。

村上佳菜子の姉は美人で高校教師!

画像のとおり、村上佳菜子さんのお姉さんは美人で可愛いですよね。

そしてさすが姉妹、似ています!

姉の友季子さんは大学卒業後に教師免許を取得し現在は名城大学付属高校で物理の非常勤講師をされているそうです。

フィギュアスケートのコーチをしているという噂もありますが、現在は不明です。

姉もフィギュアスケーターだった

姉である友季子さんも村上さんと一緒にフィギュアスケートをされていました。

小学校4年生(10歳)から大学までフィギュアスケートをしていたようですね。

スケートを始めたのは友季子さんが先で、ご近所のスケートリンクで山田満知子コーチに習っていたようです。

名古屋で行われた大会で、あの浅田真央さんに続く2位をとったこともあるそうです!

村上佳菜子さんは、ベビーカーや自転車に乗せられて一緒にリンクにいき、姉の背中を追いながら「気付いたら氷の上に乗っていた」と語っています。

そして、幼い頃からお姉さんとはライバル関係にあったと言います。

村上佳菜子さん
村上佳菜子さん
勉強も運動もゲームも姉に勝てないけれど、スケートだけは絶対勝つ

と、猛練習をし、その甲斐あってか小学6年生の時にお姉さんより先に7級への昇級試験に合格。

お姉さんと同じ大会に出た際にも村上さんが一位になります。

その一方で、姉の友季子さんは、高校卒業と同時にフィギュアスケート選手を引退。

引退の理由は「妹に技術的に抜かれてしまった」というものだったのだとか。

妹が頭角を表し、自身の限界や挫折を味わったのかもしれませんね。

しかし、姉妹仲はとても良いようで、今では一緒にテレビ番組にも出演されていたりします。

村上さんが、オリンピックに出場するまでのスケート技術を磨いてこれたのは、ライバルであり、目標でもあった姉の友季子さんがいたおかげと言えますね。

姉との仲良しエピソード

姉にライバル心をもつ村上佳菜子さんですが、苦しい時に優しく励ましてくれるなど、とっても仲良しなエピソードがありました。

村上さんは、ソチ五輪の選抜前、出場権がかかった全日本選手権まで苦しい時期を過ごしていました。

試合ではうまくジャンプが跳べず、その後の練習でもリズムが合わなくて悩んでいたからです。

村上さんは、お母さんからの期待や不安も肌で感じていて、とうとう抑えきれず、お風呂から出た後、裸のまま泣きだしたこともあったそうです。

それを見た姉の友季子さんは真っ先に見つけて「かな、大丈夫だよ。頑張れ」と優しく励ましの声をかけたそうなんです。

その時の言葉にすごく救われた、とインタビューで語っていました。

それだけでなく、村上さんの海外遠征が始まった頃、家で飼っていたワンちゃんの写真をコラージュした手紙を作成し、励ましのメッセージとともにプレセントされたみたいなんです。

それが勇気となり、全日本の2週間前にプログラム曲を変えることを決心。

その結果、総合2位になって五輪に出場できたようです。

姉妹の絆を感じる素敵なエピソードですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は村上佳菜子さんのご実家と家族についてお伝えしてきました。

村上さんのご実家は食品会社を経営されていています。

お父さんが社長で金銭面でスケートをサポートされてきました。

お母さんはつきっきりでスケートをサポートしてこられ、とてもアクティブでチャレンジ精神んが旺盛な方のようです。

お姉さんは元スケーターで、現在は高校の教師をしているようですね。

お互いを支え合う、とても仲良しな家族なのがわかりました。

村上佳菜子さんの今後の活躍を楽しみにしています!

error: