芸能人・有名人

三宅健は手話をいつから始めた?現在のレベルや手話をやる理由も調査!

三宅健の手話画像

V6(ブイシックス)のメンバーで、テレビ・ラジオで活躍する三宅健(みやけ・けん)さん。

三宅健さんは手話ができることでも有名ですね。

手話を始めたのは2006年で、きっかけは「ファン」なんだとか。

現在の腕前は、東京五輪(東京2020)で手話のパーソナリティ、NHK「みんなの手話」でレギュラーを務めるほど。

今回は、三宅健さんが手話を始めた時期や経緯、現在の手話レベルについてまとめました。

▶2022年最新!三宅健の歴代彼女は7人でハーフ顔ばかり!?現在は比留川游!結婚しない真相はコチラ

▶三宅健の家族構成は父母弟!双子姉はデマ?母子家庭で生い立ちが壮絶すぎの真相はコチラ

三宅健が手話を始めたのはいつ?現在のレベルは?

三宅健の手話画像引用:Twitter

三宅健さんが手話を始めたのは、2006年(当時27歳)で、

きっかけは、聴覚障害のある女性ファンだったそうです。

手話を始めた時期と経緯

三宅健の手話画像引用:Twitter

三宅健さんは、2006年に手話を始めました。

きっかけは、

前年(2005年)の「V6デビュー10周年 握手会」で、

三宅健
三宅健
聴覚障害のある女性ファンに手話で話しかけられた際に、何も返せなかったことが心残りだったから

だと言われています。

たった1人のファンに心を動かされ、行動したということですね。

これを機に、手話を習い始める三宅健さんですが、当時のレベルは初級クラスでした。

そこから、週1回2時間の講習を3年かけて上級クラスにまでステップアップし、手話技能検定試験の3級を取得するほどの腕前になられています。

現在の手話のレベル

三宅健の手話画像引用:Twitter

現在は、手話の経験を生かし、

  • NHK「みんなの手話」のレギュラー
  • NHK「東京2020オリンピック みんなでハイライト」のメインパーソナリティー

など、手話ができるアイドルとして確固たる地位を築いています。

三宅健さんと言えば「手話」というイメージが浸透していますね。

↓ ↓ ↓

たった1人のファンをきっかけに、貴重なプライベートを使い、

週1回、3年間も手話教室に通い続けた三宅健さん。

アイドルらしからぬ地味な努力が、本当にすごいですよね。

テレビでは、無邪気で自由奔放な発言が目立つ「少年キャラ」というイメージもありますが、

実は努力家で、行動力があり、ファン想いの方だとわかりますね。

手話の難易度

三宅健の手話画像引用:Twitter

手話には、「手話技能検定」という民間資格があるそうです。

簡単なほうから順に、7級~1級までのレベルがあり、三宅健さんが取得しているのは3級です。

「手話技能検定3級」の概要はこちら

↓ ↓ ↓

  • ビデオを見て手話を読み取る筆記試験
  • 受験の目安は約2年(学習時間160時間程度)
  • 合格率は、5割〜8割程度

※過去3年分(6回分)のデータより

つまり、

「手話技能検定3級」は、2年間勉強しても、2割~5割が落ちる難しさ

ということになります。

並大抵ではないですね。

三宅健さんも、途中で挫折したことがあるようで、

三宅健
三宅健
(手話は)違う言語を習うようで難しかった

と、発言していました。

でもその度に、きっかけとなったファンの姿を思い出しながら、励みにしていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

三宅健が手話を始めた理由が凄い!

三宅健の手話画像引用:Twitter

2005年の握手会で、聴覚障害のあるファンに出会い手話を始めた三宅健さんですが、その理由に心を打たれます。

ろう者のファンのために

三宅健の手話画像引用:Twitter

三宅健さんは、手話を始めた理由に、こんな発言をしています。

三宅健
三宅健
ろう者の人も自分たちの音楽を楽しんでくれていることに驚いた

このライブには、もともと車いす用の席が設けられていましたが、

歩行など身体に障がいのある人の来場をイメージしていて、耳の不自由な「ろう者」は想定外だったようです。

今では、耳の不自由な方がライブに来て、好きなアーティストや音楽を体で感じることも普通に見られるようになっていますが、

当時は、「音楽は耳で聴くもの」という固定概念から、ろう者がライブに来てくれたこと自体に驚き、嬉しかったのかもしれませんね。

手話への想いを語る

三宅健 手話のインタビュー記事引用:Twitter

三宅健さんは、手話への思いを、新聞や雑誌で語っています。

五輪では「多くの人に手話やパラスポーツを知ってほしい」という率直な気持ちを伝えたり(画像上)、

手話を学んだことによって「広がる世界」をみんなに伝えたり、

↓ ↓ ↓

自身の経験を通して、手話のすばらしさを発信し続けています。

聴覚障害を持つ人たちにとって、手話は言語です。

三宅健さんが手話を学ぶきっかけになった女性ファンが、あの時なにを伝えたかったのか?今となってはわかりませんが、

ほんの一瞬流れるように過ぎて行く握手会という場で、たった1人のファンの思いをくみとり、

「手話を理解したい」と行動を起こした三宅健さんは、本当にスゴイと思います。

実際に手話をしている三宅健さんの動画はこちら

↓ ↓ ↓

真っ直ぐに子供たちの目を見て、会話を楽しんでいるのが伝わってきますね。

手話は、手の動きだけでなく、顔の表情や眉毛の動きまで、全部を使って表現する言語です。

手話をする三宅さんの自然体な姿や表情が、なんとも温かいですよね。

この経験は、三宅健さんにとって、人生の転機になったと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

三宅健の手話に関するネット上の評判

三宅健の手話画像引用:Twitter

三宅健さんの手話に関して、ネットでは老若男女問わず絶賛の声がありました。

特に、NHK「東京2020オリンピック みんなでハイライト」のメインパーソナリティーをつとめてからは、ますます注目されています。

今までファンじゃなかった人からも、「尊敬」の声が。

▼三宅健さんって本当にかっこいい

▼優しさと並みなみならない努力の結晶だよね

など。

三宅健さんのカッコ良いルックスはもちろんのこと、たった1人の女性ファンをきっかけに未知の世界へ飛び込み、その努力が形になったこと・・・

多くのツイートにある、尊敬という言葉は、まさに今の三宅健さんにピッタリな言葉なのではないでしょうか。

「点字と手話を勉強したい」という人まで出てきましたね。

↓ ↓ ↓

三宅健さんのキャラクターとのギャップや、手話の腕前に驚く声続出です。

人の心を動かすほど、手話の実力がスゴイことがわかりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、三宅健さんが手話を始めた時期や経緯、現在の手話レベルについてまとめました。

手話を始めたのは2006年で、きっかけは、握手会で出会った聴覚障害のファンということがわかりましたね。

現在は、3年間かけて取得した「手話技能検定試験の3級」を活かし、東京オリンピックで手話のパーソナリティに抜擢されるほどの腕前です。

今後も、ファン想いの三宅健さんの活躍が楽しみです。

error: